下半身を引き締める、女性らしい魅力ある脚になる、そんな方法を動画で学習、下半身・太ももエクササイズ実践サイト

下半身・太ももエクササイズ > ‘太もも’ タグのついている投稿

‘太もも’ タグのついている投稿

ヒップアップのための筋トレ・エクササイズ/5分間コース

5分間で行うヒップアップ・エクササイズです。

太ももの付け根を締め、ダイエットしたい人、お尻を引き締めヒップアップしたい人にオススメの筋トレ・エクササイズです。

始めのうちは、回数は考えず、フォームや手順確認のため、繰り返しゆっくり行ってみましょう。
この時、どこの筋肉が使われているのか意識するのもいいですね。太もも付け根からお尻にかけての筋肉が使われていないと感じたら、フォームの修正をしてみましょう。
足はきちんと上がっているか?無意識のうちに楽してないか?チェックしてみましょう。

フォームが整ったら、以下の回数を目標にエクササイズして下さい。

太ももを引き締め、脂肪を燃焼させる「ランジ」

太ももを引き締め、ヒップアップにも効果がある「ランジ」。

太ももを引き締めたい人、太ももの脂肪を取りたい人にオススメのエクササイズです。

【 手順 】
1.背筋を伸ばして真っ直ぐに立ちます。
2.肩の力を抜き、腰に手を当てます。この体勢が基本姿勢になります。
3.基本姿勢から軽く一歩踏み込み、そのままひざを曲げて腰を落とします。この時も背筋を真っ直ぐにした状態を保ちます。カラダが前後に傾かないように注意して下さい。
4.後ろ足のひざが床と水平になるところまでひざを曲げたら、基本姿勢に戻ります。
この動作を左右各々繰り返します。

モデル脚になるためのスクワットの方法

太もも前面、側面を鍛え、モデル脚を目指す、独自スクワット・エクササイズ。
太ももを細くしたい人、太ももを引き締めたい人、太ももの裏(ハムストリング)を鍛えヒップアップしたい人にオススメのエクササイズです。

両方ベタ足で行なう方法と片足はつま先立ちする方法の2種類が紹介されています。動画内で紹介されている順番で手順1、手順2として解説します。

【 手順1 】
1.脚を広めに開き、つま先を45度ほど外側に向けます。
2.この体勢からひざが90度になるまでひざを曲げ、一旦静止します。
3.ひざを伸ばし、元の体勢に戻ります。
これを繰り返します。

【 手順2 】
1.脚を広めに開き、つま先を45度ほど外側に向けます。
2.この体勢から片方の脚のかかとを上げながら、ひざを曲げていきます。
3.ひざの角度が90度になったところで一旦静止します。
4.ひざを伸ばすと同時にかかとを下ろし、元の体勢に戻ります。
ひざを左右交互に上げ、これを繰り返します。

注意して欲しいのは、つま先立ちの時フラフラしないようにしっかりバランスを保って行うことです。
脚を屈伸させる動作とバランスを保つ意識・動作が重なり下半身に適度な刺激をもたらします。

6分間連続、ヒップアップ、お尻引き締めトレーニング

お尻を集中的に鍛える、ヒップアップ、引き締めトレーニングです。

お尻の脂肪を落としたい人、ヒップアップしたい人、お尻の形を整えたい人にオススメのトレーニングです。

6分間連続でトレーニングしますので、動画を見ながら、トレーナーと一緒に同じ回数トレーニングしてみましょう。

脂肪燃焼に効果的、下半身&ヒップアップエクササイズ

薄く筋肉を付けると同時に脂肪を燃焼させる下半身引き締めエクササイズです。
太ももを引き締めたい人、太ももの脂肪を落としたい人、ヒップアップしたい人など女性にオススメのエクササイズです。

ダンベルを使いますので、体力に合わせ500g~1kg程度のダンベルを用意してください。
ダンベルがない場合は、500mlか1リットルのペットボトルに水を入れてダンベル代わりに利用してもOKです。
このトレーニングの目的は、適度な刺激を与え、薄く筋肉を付けると同時に脂肪燃焼効果を高めるトレーニングです。そのため、あまり重いダンベルは利用しないようにしましょう。(※細い脚をたくましくしたい人は、3kg~5kgのダンベルをオススメします)

太ももを引き締め、痩せ脚を目指すエクササイズ

下半身を鍛えるトレーニング、主に太もも(大腿四頭筋、大腿三頭筋)周りを鍛え、引き締めます。
太ももを引き締め、痩せ脚になりたい人、太ももの脂肪を落としたい人にオススメのトレーニングです。太ももが鍛えられることでヒップアップにも効果があります。

種目は、スクワット、ワイドスクワット、ナロースクワット、ランジの4種類で、スクワット×15回→ワイドスクワット×15回→ナロースクワット×15回→ワイドスクワット×15回→ランジ×15回→ランジ×15回→ランジ×15回の順番で行います。
種目と種目の間(矢印部分)は15秒~30秒の休憩を入れて下さい。動画では種目と種目の間で映像が少しストップしますので、そのときに映像を一時停止し、休憩するといいでしょう。